105.05

元ゴールドマン・サックスのアナリストが考察『ビットコインはいずれ1000万円に上昇する』

元ゴールドマンサックスアナリスト、ビットコインが1000万円に達するとの予想を公開

米投資銀行ゴールドマン・サックスの元アナリストMahmudov氏は、自身のツイッター上で、仮想通貨ビットコイン価格は将来的に10万ドル(約1000万円)に達するとの考察を公開した。懐疑的な意見も多いが、呼応する意見も散見されている。

元ゴールドマン・サックスアナリストがビットコイン価格を予想

元ゴールドマン・サックスアナリストMurad Mahmudov氏が、独自の分析により、ビットコイン価格は10万ドル(約1000万円)に到達するとの予測を公開した。同氏は現在、仮想通貨ヘッジファンドAdaptive Capital社のCIO(最高情報責任者)を務める。

Mahmudov氏は自身のツイッター(日本時間13日朝ツイート)で、同氏が行なったテクニカル分析のチャートを公開し、200日間移動平均/指数平滑移動平均線(EMA)/RSI(相対力指数)に加えた、週ベースの支持線が1万800ドル(約115万円)付近にあると分析した上で、将来的にビットコイン(BTC)価格は10万ドルに達し得ると予測する。

関連:『移動平均線』ビットコイン(BTCFX)投資に役立つ、初心者向け仮想通貨チャート講座

一見すると目先の数週間にかけて、弱いチョップのような変動が続きそうに見えるが、私の直感では、この近辺で着実に”上昇のエネルギー”を蓄えているようにも見える。短期志向で出し抜こうとするのではなく、少し引いて大局的に見てみると、私の見解では、BTC(ビットコイン)は10万ドルに達する。

同氏はさらに、投資アドバイスではないが・・・と付け加えた上で、「私だったら、重要支持線付近に来る度に忍耐強く、着実に買い増しをするだろう」と述べた。

反応は賛否両論

これに対するツイッター上の反応は賛否両論で、支持するツイートがある一方で、懐疑的なコメントや「そこまでの上昇が見込めるような重要ファンダがあるのか」といった、判断の詳細な根拠を求めるコメントも寄せられた。

これに呼応する動きもある。Morgan Creek Digital Assets社の創業者Anthony Pompliano氏も、2021年末までにビットコイン価格は10万ドルに達すると予測している。同氏はこの理由として、世界経済の不安定さや、来年の夏に予定されているビットコインの半減期などを理由に挙げている。

関連:仮想通貨価格に大きく影響する「半減期」とは、ビットコインやライトコインなど過去の事例から独自考察

CoinPostの関連記事

米ゴールドマン・サックス仮想通貨テクニカル分析、「ビットコイン(BTC)」を買い推奨する理由
米ゴールドマン・サックスが仮想通貨ビットコインのテクニカル分析レポートを公開。エリオット波動分析に基づき、第4波目となる次の底値を予測した。直近押し目で「買い」推奨する理由とは。
10日の下方ブレイクで急落後のビットコイン(BTC)、アルゼンチン通貨は歴史的大暴落|仮想通貨市況
10日の典型的なペナント下方ブレイクで、急落を引き起こしたビットコイン(BTC)市場は短期下落トレンド転換の瀬戸際にある。アルゼンチンペソ大暴落やドル円急落など、不確実性高まる外的要因もあり、一段と予期しにくい展開を迎える。

続きを見る

コメント