108.18

【速報】楽天ウォレット、暗号資産(仮想通貨)の現物取引サービスを開始

楽天ウォレット、暗号資産サービス開始
楽天ウォレットは、暗号資産における現物取引サービスを開始した。取り扱いはBTC、ETH、BCHの3種類となる。万が一破綻した場合でも、顧客資産が利用者に直接返還されるなど、信託保全の仕組みも万全の体制を整えた。

楽天ウォレット、暗号資産サービス開始

楽天ウォレットは、2019年8月19日(月)より暗号資産(仮想通貨)における現物取引サービスを開始した。

スマートフォンアプリ(Android)を提供し、スマートフォン上でサービス利用可能だ。(iOS版は9月上旬予定)

取り扱い通貨

開設当初よりの取り扱い通貨は、以下の3種類となる。

  1. BTC/JPY(ビットコイン)
  2. ETH/JPY(イーサリアム)
  3. BCH/JPY(ビットコインキャッシュ)

セキュリティ強化策

利用者から預託した金銭(顧客資産)を楽天ウォレットの自己資産とは分離して、楽天信託の信託口座で管理するほか、その信託財産を楽天銀行の銀行預金口座にて区分管理し顧客資産を管理する。これによって、万一、楽天ウォレットが破綻した場合には、顧客資産は受益者代理人である外部の弁護士を通じてお客様に直接返還されるという。

また、すべての暗号資産を、インターネットとは隔離したオフラインの環境下で管理する「コールドウォレット」で保管することにより顧客資産の安全性を確保する。

信託保全の仕組みなど資産保全の仕組みに関しては、別ページ「お客さま資産保全への取り組み」で詳しく解説している。

CoinPostの関連記事

楽天の三木谷氏が代表理事を務める新経済連盟、「暗号資産に関する要望」を金融大臣に提出
楽天の三木谷社長が代表理事を務める「新経済連盟」が、金融大臣に暗号資産に関する新たな要望を金融担当大臣らに提出した。税制の論点についても議論を深め、さらなる提言を行っていくとしている。
楽天とJR東日本、キャッシュレス化推進に向けて連携|楽天ペイでSuicaチャージが可能に
楽天ペイメントとJR東日本は、キャッシュレス化の推進に向けて連携を発表した。スマホアプリ「楽天ペイ」アプリ内で、JR東日本が提供する交通系ICカード「Suica」の発行やチャージができるようになる。

続きを見る

コメント