108.15

「中国人民銀行のデジタル通貨は、人民元の国際的地位を高める」Circle社CEOが見解示す

「中国人民銀行のデジタル通貨は人民元の国際的地位を高める」Circle社CEOが見解を示す
仮想通貨金融サービス企業、Circle社のCEOが、中国政府が新たに発行するデジタル人民元について、人民元が国際的な地位を高める動きに繋がるとする見解を明らかにした。

中国政府のデジタル人民元は「非常に戦略的」

「中国人民銀行の発行するデジタル通貨は、国際的な人民元の地位向上を促進する可能性がある」

米ニュース放送局CNBCのインタビューに応じたCircle社のCEO Jeremy Allaire氏は、中国政府が発行する予定のデジタル通貨は「非常に戦略的」であるとした上で、国際的な人民元の地位にも影響を与えると語った。

デジタル人民元は幾つかの目標を達成するとしたAllaire氏は、中国政府当局が、マネーサプライを追跡することをより簡単にして、賄賂やマネーロンダリングなどの監視を厳密に行える可能性を指摘した。

また、より大きなポイントとしてデジタル人民元は、これまでの人民元がさらにグローバルに行きわたる機会と成り得ることであり、世界中の日常的な取引で人民元の利用を促進する可能性があることだという。「人民元の国際化の基礎付け」となるかもしれないのである。

また、中国が進めているデジタル人民元は「SWIFTなど、欧米の銀行システムを迂回」するインターネット上の取引を提供することができるかもしれないと同氏は示唆した。

米ドルと人民元の競争

現在のところ、世界の基軸通貨として挙げられるのは何よりも米ドルである。世界の外貨準備高の約58%、負債の約40%がドル建てだ。

この背景には、米ドルの利用を促し、他の通貨で置き換えようとすることを防ぐ働きをするSWIFTなど西洋の銀行システムがあるとAllaire氏は指摘する。

また、海外仮想通貨メディアの論説など、中国が輸出経済から、消費者経済に移行すれば、こうした金融インフラを巡る米ドルと人民元の対立が、今後10年間で地政学的な競合の重要なポイントになるとする見方もある。

中国人民銀行(PBOC)決済部門の副局長であるMu Changchun氏によると、新しいデジタル人民元は、Facebookの提案するリブラと類似性がある。

それは中央銀行が発行する紙幣と同等に安全性を持ち、WeChatなどのプラットフォームで、インターネットに接続していない時でも利用できるという特徴を持つという。

CoinPostの関連記事

中国人民銀行のデジタル通貨、発行準備を加速|仮想通貨リブラを意識か
中国の「中国人民銀行」がデジタル通貨発行に向けた準備を加速させている理由に、米フェイスブック主導の仮想通貨リブラが背景にある。CoinDeskが報じた。
「中国政府の独自仮想通貨発行は世界戦略の一環」政府の態度軟化をCircle社CEOが指摘
米Circle社CEOが、米中貿易摩擦が激化する中で、仮想通貨に態度を軟化させる中国政府の動向を解説。独自通貨発行も世界戦略の一環と見ている。

続きを見る

コメント