106.32

リップル訴訟まとめ──仮想通貨XRPへの影響・弁護士の見解

取引所の取引中止事例米証券取引委員会(SEC)がリップル社に対して、証券法違反として提訴していることを受け、一部の取引所が暗号資産(仮想通貨)XRPの取引を中止するなど、影響が見られている。米証券取引委員会(SEC)が23日、リップル社やGarlinghouseCEO、共同創設者のChrisLarsen氏を相手方として正式に訴訟を起こしたことを明らかにした。SECは、2013年から約7年間に渡って、有価証券登録を行っていない仮想通貨XRPを販売し、1300億円を超える資金を調達したと主張している。仮想通貨…

続きを見る

コメント